脱毛方法の今昔

脱毛方法の今昔

脱毛と言えば、やはり自分でやるよりもお店やクリニックに行ってやるほうが効果が高いということで、けっこうなお金を使ってもエステや美容外科などに通う人が多いのです。

 

エステや美容外科では、基本的にレーザー脱毛、もしくは光脱毛の施術を主に行っていますが、ちょっと前まではこれに、電気針による脱毛というのが基本メニューとしてありました。

 

電気針の脱毛、これは針脱毛などと呼ばれますが、微小な針を毛穴に入れ、そこに電気を通して毛根を焼く、というのがこの原理です。毛根を焼くので、脱毛効果としては非常に高かったのですが、反面時間がかなりかかり、さらに痛みを伴うので、利用者には敬遠されがちでした。

 

これに代わって登場したのがレーザー脱毛で、針脱毛に比べ時間が短縮され、痛みも少なくなり、さらに値段も安くなったのです。

 

レーザー脱毛は、光が毛の黒い色素に反応して毛根から焼く、と言う原理ですが、しかし、乳首回りの毛だけはレーザーが適用できず、今でも針脱毛が行われているようです。