美容皮膚科という新しい形態

美容皮膚科という新しい形態

最近では、れっきとした医療機関として、「美容外科」という看板を掲げて営業するところが増えてきています。もしくは「医療外来」などという呼ばれ方をすることもあります。ともかく、これらはもともと、形成外科などから派生したものですが、通常の医療行為との大きな違いは、その施術の対象が、病気やけがなどではなく、いたって正常で健康な部分である、ということです。

 

美容外科による施術は、やはり一般的に言われる「手術」がほとんどで、そこではレーザー機器が頻繁に用いられます。これに似たものとして「美容皮膚科」というものもあります。ここでは、メスを用いた治療はほとんどなく、必要があればレーザーによる治療を行います。

 

この美容外科、美容皮膚科という区別は、特に厳密にされているわけではありませんが、レーザーによる治療には専門的な知識が必要ですから、選ぶ際に注意が必要です。副作用などのトラブルがあった場合取り返しがつきませんからね。